キャンパスライフ

本校での学生生活の様子をご紹介します。

年間行事予定

4月 1年生 入学式・新入生「学校ガイダンス」

新生活のはじまり、1年生は入学式を終えると3年間の学生生活のイメージ化を図り、看護学生の自覚を養うために学校ガイダンスに参加します。集中ガイダンスでは学生間の親睦も生まれます。

入学式

7月 3年生 2年生 1年生 学生交流の日

学年間の交流を図る事を目的とした年1回の学生主体の楽しい行事です。運動会やゲーム等のレクリエーションやお昼はジンギスカンで交流を深めます。教職員も参加し、自然の中で学生と楽しい1日を過ごします。

学生交流の日

11月 1年生 戴帽式

病院実習に臨む直前に行われる、看護師を目指すものとしての職業に対する意識を高め、その責任の重さを自覚するための神聖な儀式です。

戴帽式

2月 3年生 国家試験

3年間の学習の集大成ともいえる重要な試験です。看護師になる目標を達成するため卒業前に3年生がチャレンジします。試験前日に教員の引率で札幌へ向かいます。在校生や教職員も3年生を激励し見送ります。

国家試験

3月 3年生 卒業式

3年間の修了の証となる卒業証書を授与され、学生は3年間の学生生活を振り返りながら、毎年涙と感動の式になります。

卒業式

学生の一日

2年生Hさんの場合(函館稜北高等学校/北海学園大学出身)

社会人経験のある受験生に向けてのメッセージ 生徒A 私は、大学卒業後5年ほどIT関連の会社に勤めていましたが、在職中に看護の道を志し、 会社を辞めて函館厚生院看護専門学校に入学しました。

看護学校の生活は学ぶことが多く、体力や精神面でも大変さを感じることがありますが、 クラスメイトと協力し合い、教員・事務員の方々に支えられながら日々の学習・実習に取り組んでいます。

社会人経験のある受験生の皆さんの中には、入学後のクラスメイトとの年齢差について気になっている方もいるのではないかと思います。
私自身、最初は馴染めるかどうか不安でしたが、幸いにも温かく受け入れてくれ、一緒に楽しい学校生活を送ることができています。

看護学校入学後は、クラスメイトは看護師を志す仲間です。受験生の皆さんも目指すものを諦めず頑張ってください。

2年生Mさんの場合(函館大学付属有斗高校出身)

ひとこと 生徒B 校舎が新しく設備が整っているため、集中して授業を受けることができます。

1年生のうちは試験や技術演習が多いため忙しいですが、教員やクラスメイトと協力しながら乗り越えました。 2年生になって本格的に実習が始まり、事前学習や記録物などがあり、1年生より忙しいですが、非常に充実した日々を過ごしています。
みなさんも一緒に頑張ってみませんか?

  • 起床

    7:00

    生活習慣を崩さないために決まった時間に起床しています。

  • 朝食

    7:00

    体調管理のために朝食は必ず食べるようにしています。

  • 身支度

    7:45

    忘れ物がないように前日に準備した教科書や提出物を確認します。

  • 登校

    8:10

    自転車通学のため事故を起こさないように余裕を持って登校しています。

  • 学校到着

    8:30

    朝に提出物があるため余裕を持って学校に到着するように心がけています。

  • 授業開始

    9:00

    午前の講義【関係法規Ⅰ】
    実際に働いている医師や看護師の人が臨床での経験を話しながら講義してくれます。

  • 授業

    10:45

    午前の講義【生化学】

  • 昼休み

    12:15

    過ごし方など
    ラウンジじ昼食を食べています(黙食)。近くにコンビニや飲食店があるため、休講の際は利用しています。

  • 授業

    13:05

    午後の講義【精神看護学方法論Ⅰ】

  • 授業

    14:35

    午後の講義【基礎看護学方法論Ⅹ】
    講義だけではなく、看護学方法論という授業では実際に物品や機械を用いながら看護技術を習得します。

  • 放課後

    16:20

    過ごし方など
    看護技術を習得する際は教員やクラスメイトと話し合いながら行っています。

  • 帰宅

    18:00

    まっすぐ帰る日もあれば、友人と学校の近くにあるシエスタなど(コロナで自粛中)によって少し遅く帰る日もあります。

  • 自由時間

    19:00

    夕食を食べたり、お風呂に入ったりテレビを見たりしています。日頃の疲れを取るためにゆっくりとした時間を過ごしています。

  • 勉強時間

    21:00

    講義、試験、実習などに向けて予習・復習をしています。

  • 就寝

    24:00

    体調管理のために24時前後には寝るように心がけています。

2年生Uさんの場合(函館白百合学園高等学校出身)

ひとこと 生徒C 実習では患者さんや看護師だけでなく多種多様な職種の方々との関わりもあります。
多くの人々との関わりの中でマンバーと共にたくさんのやりがいを感じ、充実した実習になります。

  • 起床

    6:30

    時間に余裕を持って準備します。

  • 朝食

    6:45

    しっかり朝食をとることで実習への活力になります。

  • 身支度

    7:00

    実習に適した身だしなみに整えます。

  • 身支度

    7:40

    自家用車またはバスで実習先に向かいます。

  • 病院到着

    8:00

    余裕を持って行き、着替えてからグループメンバーと記録に不備がないか確認します。

  • 実習開始

    8:30

    実習内容(午前の様子)
    患者さんとの関わりの中で様々な学を得ることができます。

  • 昼休み

    12:00

    過ごし方など
    グループメンバーとご飯を食べたあと、午前中の振り返り、午後からの予定を確認します。

  • 実習再開

    13:00

    実習内容(午後の様子)
    患者さんへの援助を通して自分の良かった点、課題が見つかります。さらに良い援助ができるようにメンバー、指導者さんと話し合います。

  • 病棟実習終了

    15:30

    病棟実習終了

  • 実習終了

    16:30

    過ごし方など
    実習先、または学校で1日の振り返りをします。

  • 帰宅

    19:00

    帰宅してから夕食を作ります。

  • 記録整理

    20:30

    その日の振り返りや翌日の援助の内容を確認します。

  • 就寝

    1:00

    入浴や翌日の準備をして就寝します。

クラブ活動

自治会

自治会

各学年から役員を選出し、行事の企画・運営をしています。例年は戴帽式のお祝いや国家試験の激励、病院でのクリスマスボランティアなど実施していましたが、コロナ禍で限られる中、可能な範囲で工夫して行っています。

手話部

手話部

年に数回、学生主体となって活動しています。活動は少ないですが、日常的に使う手話から医療に関する手話まで、幅広く学習します。初めての方も大歓迎です。一緒に楽しく手話を学びましょう。

ボランティア活動

実習施設や地域から依頼があったボランティア活動のほか、自治会が実習先の病院でクリスマスの飾り付けやクリスマスカード配布を行っています。

ボランティアの様子

学生相談室の開設

本校では学生が抱えている学校生活上の悩みや不安などを気軽に相談できる体制を整え、学生支援を行っています。

場所 在宅看護実習室
日程 毎月第1・第3水曜日
時間 16:00〜18:30
担当 スクールカウンセラー
スクールカウンセラーが学生の話を聴いてくれます。
自分ひとりで悩みを抱え込まず気持ちを表出することで、気持ちが楽になります。
※個人情報は規程に基づき管理します。安心してご利用ください。

卒業生からのメッセージ

第15回生

高校2年のときに「将来は看護師なりたい」と心に決めてから20年以上経ちます。決して楽な職業ではないのですが、それ以上にやりがいのある職業だと感じており、看護師になって本当に良かったと思っています。
看護学校の3年間は試験や実習など大変なこともたくさんありましたが、共に学んだ仲間と先生方に支えられながら、多くの事を学び、とても充実した思い出の多い3年間だったと思っています。
看護学生時代から「手術室で働きたい!」と思い、現在も手術室看護師として働き、さらに専門的知識の向上のため、平成20年に手術看護認定看護師の資格を取得しました。手術は患者さんにとって「人生の中の重大な出来事」の一つであり、そしてさまざまな思いで手術にのぞんでいます。手術室看護師の役割は患者さんの安全を守り、安心して手術が受けられるよう援助して、患者さんの心により沿った看護を提供することだと思います。これらの役割を果たすことができるよう専門的知識を活かして日々看護を行っています。

第32回生

私は、函館厚生院看護専門学校で学べて良かったなと思います。
看護師になるため、仲間と共に切磋琢磨して頑張った3年間は自分の糧になっています。
実習で出会った患者様・家族の方から頂いた心の温かさと学びは、看護師としての原点となっています。
先生方からの親身なご指導、ポイントが絞られた講義内容は、臨床現場でも患者様の状態を把握し、必要な援助を考え、実践する能力の向上へと繋がっています。
学校生活では、楽しい行事も盛り沢山で思い出いっぱいです。中でも、戴帽式では初めて身に付けるナースキャップに感動し、これから精一杯努力しようと決心したことは忘れられません。
卒業後も、学校生活での思い出を話せる、また仕事の相談もし合える大切な仲間がいることは、心の支えとなっています。学校生活を全力で過ごし、精一杯の姿を見せ合ってきたからこそ、頼れる仲間ができたと思います。
今、看護師として働き、心身ともに辛い時を過ごす患者様・家族の方を支えられる看護師という職業は、素晴らしい仕事だと日々感じています。
これからも、一人一人の患者様・家族の方の心に寄り添える看護を提供できるよう頑張っていきたいと思います。
ぜひ函館厚生院看護専門学校で学び、看護師として医療現場で共に働きましょう。

函館厚生院看護専門学校

〒040-0011 北海道函館市本町34番8-1号

交通アクセス