先輩の声 OG/OB Message

実習で出会った患者様・家族の方から頂いた心の温かさと学びは、看護師としての原点となっています。

函館中央病院
看護師

Sさん

第32回生(平成24年度卒業)

私は、函館厚生院看護専門学校で学べて良かったなと思います。
看護師になるため、仲間と共に切磋琢磨して頑張った3年間は自分の糧になっています。
実習で出会った患者様・家族の方から頂いた心の温かさと学びは、看護師としての原点となっています。
先生方からの親身なご指導、ポイントが絞られた講義内容は、臨床現場でも患者様の状態を把握し、必要な援助を考え、実践する能力の向上へと繋がっています。
学校生活では、楽しい行事も盛り沢山で思い出いっぱいです。中でも、戴帽式では初めて身に付けるナースキャップに感動し、これから精一杯努力しようと決心したことは忘れられません。
卒業後も、学校生活での思い出を話せる、また仕事の相談もし合える大切な仲間がいることは、心の支えとなっています。学校生活を全力で過ごし、精一杯の姿を見せ合ってきたからこそ、頼れる仲間ができたと思います。
今、看護師として働き、心身ともに辛い時を過ごす患者様・家族の方を支えられる看護師という職業は、素晴らしい仕事だと日々感じています。
これからも、一人一人の患者様・家族の方の心に寄り添える看護を提供できるよう頑張っていきたいと思います。
ぜひ函館厚生院看護専門学校で学び、看護師として医療現場で共に働きましょう。
資料請求
お問い合わせ